FC2ブログ
2019/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
穏やかな朝の憂鬱





遅めの朝食に
サンドイッチとコーヒーを

朝と夜を なぞるだけの身体に
いとも簡単に滲む

穏やかな日差しが
僕等を そっと包んで

それが 当たり前になってしまうのが
嫌だったんだ


窓に移る自分
その向こう側を歩く人

まるで別々の世界 なのに
行く先はきっと
似たようなもの

そうでしょう?


あなたが居ないソファーで
どれだけ泣いたっけ

もう 何度も朝を見送って
全部忘れられたつもり


そのつもり





早めに潜った
布団の中でつぶやいた

僕の「おやすみ」が
行く宛てもなく 彷徨って


穏やかな日差しが
また 僕らを包むよ

朝と夜をなぞるだけの遊び
それが 当たり前になってしまった


部屋で眠る僕の
夢の中で 笑う君

まるで同じ世界 なのに
その場所はきっと
どこまでも遠い場所

解ってるよ



誰かが笑った代わりに
僕は泣いただけ

隣に誰が居ても 同じ朝なんて
思っちゃ居ないだろ
本当は


あなたが居ないソファーで
どれだけ泣いたっけ

もう 何度も朝を見送って
全部忘れられたつもり


そのつもり

















エイプリルフール。特に目立った嘘は見当たりませんでした。

私事ですが最近、転職しました。 (あ、嘘ではなくて。)
職種も工場という肉体労働から打って変わり
オフィス内でのディスクワーク。毎日が勉強です。

22歳の春。
今が本当の成長期。


テーマ :
ジャンル : 小説・文学

Secret
(非公開コメント受付中)

No title
最後のそのつもり、の余韻が切ない(´;ω;`)

転職されたんですね(´∀`*)
おぉ、肉体労働からオフィスですか。
詰め込みすぎない程度に頑張ってくださいね♪
No title
仁王 カオルさん、こんちは。

コメントありがとうございます^^
詩を読んでくれてありがとう。

雰囲気も、その場の人柄も一変して、
そのギャップの大きさに若干酔ったりもしますが、
勉強になっております。

応援どうもありがとうございます♪
お久しぶりです
お元気ですか?
今の自分と重なる言葉たちに
胸が締めつけられました。

またいつか、ときどきは
この場所に
戻ってきて下さい。

待ってますね
FC2カウンター
~詩集~


「レムリア」 ←new!!

「生くりいむ。」

「アネモネの記憶」

「無題~名前の無いうた~」 
mini poem
ランキング参加中です☆

FC2Blog Ranking

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
welcome!!
はじめまして。

小林 昌葉

Author:小林 昌葉
はじめまして。


●詳細●

↑  ↑  ↑
このブログと著者について。



このブログでは主に、詩を中心に書いています。
コメントを貰えると嬉しいです。
詩のリクエスト等もあればどーぞ。

リンクはご自由に。
相互リンク募集中☆



twitter始めました。
insomnia884 フォロー宜しくお願いします。


リアルタイムブログ
↑ ↑ ↑
良かったらこちらにも遊びにきてください^^

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム